blog

2018年01月11日

乾燥きくらげの戻し時間は?時間を逆算して乾物を食卓に取り入れよう!

乾燥キクラゲの戻し方

長期間保存することができ、水で戻すだけでコリコリの食感が楽しめる便利な乾燥きくらげ。

でも、水で戻して使えば良いということは知っているけど、どのぐらい戻せばよいのかは曖昧だったりしませんか?

今回は、意外と知らない?!乾燥きくらげの戻し方の基本をまとめました。

戻し方の基本

乾燥きくらげ1
  1. 軽く洗い、きくらげが完全に浸かるぐらいまで冷水を入れます。
  2. 約6時間ほど冷水につけて戻します。

乾燥きくらげにはオガクズ等が付いている可能性もあるので、軽く水洗いして使用するのがベター。

時間がかかるので、寝る前に冷蔵庫に入れて一晩水に浸け置きすれば、朝目が覚める頃にちょうどいいぐらいに戻すことができておすすめです。

ちなみにきくらげの戻し汁ですが、きくらげの色素が出て水が茶色くなります。
しいたけと異なり、旨み成分が出ているわけではないので、料理に使うことはあまりないようです。

戻す時間がない時には、ぬるま湯戻しで時短!

乾燥きくらげ2

「急いで料理に使いたい」「戻すのを忘れていた」という時には、スピーディーな「ぬるま湯戻し」がおすすめ。

  1. 軽く洗い、ぬるま湯(30度~人肌)に入れます。
  2. 約15~30分程度でやわらかくなり、料理に使用できます。

手順は先ほどの冷水を、「ぬるま湯」に変えるだけ!

乾物全般に言えることですが、忙しいときには、この「水で戻す」という一手間の部分が待てないという方も多いと思います。
この「ぬるま湯戻し」だと最短15分で戻るので、すぐに料理に使いたいという場合にとっても便利なんです。

もちろん冷水でジックリ戻した方が、きくらげ本来の美味しさを堪能してもらえると思うのですが、調理時間を考えながら「冷水戻し」と「ぬるま湯戻し」を使い分けてみてくださいね。

乾燥きくらげ3

ちなみに、一晩水で戻しておいたきくらげがこちら。

乾燥きくらげは、水で戻すと約7倍の大きさに膨らみます
戻しすぎて使いきれなかった場合は、食べやすい大きさにカットしてから冷凍庫で保存しておくと、凍ったまますぐに調理に使えて便利ですよ。

15分も待てないという方には「生」がおすすめ

生きくらげ

15分も待っていられない!という方におすすめなのが、「生きくらげ」

乾燥と異なり一般的にまだあまり流通していないのですが、水戻し不要で使えるので手間がかからず便利!

乾燥きくらげには無い、ぷるぷるとした独特の食感も人気なんですよ。

→生キクラゲについて詳しくはこちらから国産キクラゲについて

きくらげの戻し方+αを3パターン紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
ぜひ自分にあった戻し方を見つけて、楽しいきくらげライフをお過ごしください!

生きくらげについて詳しく知りたい方はこちら!

生キクラゲの賞味期限や保存方法などをまとめました。生の場合は水で戻す手間がかからないので、すぐに使えて便利です。
→生キクラゲの調理方法&保存方法はこちらからはじめての生きくらげ

国産生きくらげの購入はこちらから

きのこ家の国産キクラゲ購入はこちらから きのこ家の国産生キクラゲ、購入はこちらから>>