pages

浅野産業㈱について

浅野産業㈱の食品への取り組みが始まったのは、1988年のこと。
会社の120周年を契機に、岡山県玉野市できのこ作りが始まりました。

やがて研究が実を結び、従来では不可能とされていた針葉樹を使ったシイタケ栽培に成功します。

さらに2013年からは、日本国内で流通しているのは約2%しかないとも言われる幻の国産キクラゲも、年間を通じて生産できる体制となりました。

こうして作られたきのこは、大阪から中国地方、博多へ出荷。特に生シイタケは、年間280トン生産しており、中国地方5県の中で第3位の生産量を誇ります。

社名 浅野産業株式会社
創業 明治元年
設立 昭和34年
資本金 2000万円
所在地 (本社)〒700-8560岡山県岡山市北区南中央町12-16
TEL(086)224-4471(代表)
ホームページURL http://www.asano-sangyou.co.jp/
代表者 代表取締役社長 浅野 益弘
事業内容(グループ) LPガス事業、簡易ガス事業、オートガス運輸部門、容器検査部門、住宅設備事業、リフォーム事業設備工事部門空調部門、システム事業、食品事業石油販売事業宝飾事業、保険事業
  • 浅野産業について
  • 浅野産業のこだわり
  • 浅野産業のきのこができるまで