blog

2015年12月02日

【レシピ】炒めるだけの定番中華「トマトとキクラゲの卵炒め」

トマトとキクラゲの卵炒め

こんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。
サラダに良し、揚げ物にも良しなキクラゲですが、今回はその中でもキクラゲと卵を使った簡単な炒め物レシピ「トマトとキクラゲの卵炒め」を紹介します。

中華料理では定番の炒め物レシピで、炒めるだけでサクッと簡単に作れますよ。

材料(4人前)

  • 生キクラゲ…8枚
  • トマト…2個
  • 卵…4個
  • しょうが…1片
  • にんにく…1片
  • 塩・コショウ…少々
  • ごま油…適量
  • [A]水…大さじ4
  • [A]片栗粉…小さじ1/2
  • [A]鶏ガラスープの素…小さじ1
  • [A]オイスターソース…小さじ1
  • [A]醤油…小さじ1

作り方

メインの食材は、卵、トマト、きくらげの3つ。

乾燥きくらげの場合は、前日の夜に水につけて、しっかり水戻ししておいてくださいね。
(参考→乾燥きくらげの戻し時間は?時間を逆算して乾物を食卓に取り入れよう!

卵は一度取り出すのがポイント

①トマトと生キクラゲは一口大に切り、ショウガとニンニクをみじん切りにします。

②つづいて[A]の材料を混ぜて、合わせ調味料を作っておきます。

③まず初めに、卵から火を通していきます。
このときに、軽く炒めたらボウルやお皿に取り分けて、卵はあくまで半熟状態に留めておきます。

④その後、同じフライパンでキクラゲをサッと炒め、トマトを追加して両面を軽く焼きます。

卵は一度取り出すのがポイント

⑤合わせ調味料を加えて煮立ったら、取り分けておいた卵を加えて、仕上げに軽く炒めます。

⑥最後にゴマ油をまわしかけて、あっという間に中華風炒めの完成!

このレシピのポイント

作る時のポイントは炒めすぎないこと

卵もキクラゲも、炒めすぎると食感がかたくなってしまいます。火を通す時には、高火力でサッと炒めて下さいね!

ふんわりした卵に、プリプリしたキクラゲが加わって、ご飯が進みます!炒め物とキクラゲの相性を再確認できるレシピですよ~♪

おなじくキクラゲと卵と豚肉を使った定番の中華炒め「きくらげと卵と豚肉の炒め物(木須肉)」についてはこちらで紹介しています。参考にしてみてくださいね。
(参考→坂口健太郎さんも大好物「きくらげと卵と豚肉の炒め物(木須肉)」のレシピ

●本日紹介したレシピの分量&詳しい作り方は、姉妹サイトガスポで紹介しています
>>トマトとキクラゲの卵炒め(Gaspoレシピページ)

料理にはきのこ家の国産生きくらげを使用しています

国産キクラゲについて

今まで紹介してきたキクラゲのレシピはこちらから

きくらげのレシピ

キクラゲについてのおすすめ記事

食べてキレイに!きくらげの栄養 腸活に◎キクラゲと相性が良い食材