blog

2018年05月11日

【レシピ】炒めるだけの「キクラゲ入り焼きうどん」

キクラゲ入り焼きうどん

こんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。

GW、満喫できましたか?
最大9連休とも言われている今年の大型連休ですが、前半は天候にも恵まれて、行楽日和になったのではないでしょうか。

休日で家族で過ごす時間が増えるぶん、実は大変なのが「ごはん」だと思います。
朝、昼、晩と毎食きっちりお家で作っていらっしゃる全国のママさん、パパさん……本当にお疲れ様です。

そこで今日紹介するのは、簡単に作れて野菜もたっぷり食べられるレシピ「きくらげ入り和風焼きうどん」。

フライパン一つで炒めるだけなのにボリュームもあって、これ一つで主食とおかずが完成です♪

材料(4人前)

  • うどん…4玉
  • 豚ばら肉(薄切り)…200g
  • ニンジン…1/2本
  • 玉ねぎ…1/2個
  • キャベツ…4枚
  • 生キクラゲ…4枚
  • かつお節…10g
  • (A)醤油…大さじ3
  • (A)酒…大さじ2
  • (A)水…大さじ2
  • (A)市販のだしの素…大さじ1

レシピの作り方

調理工程

①あらかじめ(A)の調味料を混ぜ合わせておきます。

②ニンジンは薄い半月切りに、玉ねぎは薄切りに、キャベツ&キクラゲは小さめの一口大に切ります。

乾燥キクラゲの場合で作る場合は、あらかじめ水で戻してから使用してください。
(参考→乾燥きくらげの戻し時間は?時間を逆算して乾物を食卓に取り入れよう!

③フライパンではじめに豚肉を炒めて、野菜とキクラゲを加えてしんなりするまで炒めます。

④うどんと(A)を入れてよく絡めて、かつお節をふって完成!

●本日紹介したレシピの分量&詳しい作り方は、姉妹サイトガスポで紹介しています
>>きくらげ入り焼きうどん(Gaspoレシピページ)

写真では鰹節を混ぜる前に仕上げ用を半分(5g)残しておいて、お皿に盛り付けてから残りを上にトッピングしました。

レシピでは醤油とダシで和風の味付けにしていますが、もちろんお好みソースを使った定番のソース味で仕上げても美味しいですよ♪
ぜひお家でお試しください!

きくらげでつくる日々のレシピ
→きくらげでつくる日々のレシピ

今まで紹介してきたきのこレシピはこちらから。献立に困ったときの参考にしてみてくださいね。

キクラゲにまつわるオススメ記事

きくらげの栄養について
→キクラゲの栄養と驚きの効能まとめ
キクラゲの栄養や食べたときの嬉しい効能はこちらにまとめました。

はじめての生きくらげ
→生キクラゲの調理方法&保存方法はこちらから
生キクラゲの賞味期限や保存方法などをまとめました。生キクラゲは乾燥キクラゲに比べて、水で戻す手間がかからないので、すぐに使えて便利です。

きのこ家は国産キクラゲを作っている会社です

国産キクラゲについて→きのこ家の国産生キクラゲについて詳しくはこちらから
浅野産業・きのこ家では、岡山県玉野市で国産の生キクラゲを作っています。スーパーでも販売されているので、見かけた方はぜひ♪