blog

2018年03月31日

きのこ料理コンクール最優秀賞受賞レシピ「歯応えコリコリきくらげの包み揚げ~アーモンド風味~」

歯応えコリコリきくらげの包み揚げ~アーモンド風味~

こんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。
今日紹介するキクラゲを使ったレシピは、先日開催された第31回「きのこ料理コンクール全国大会」において、最優秀賞を受賞したときのレシピです!

レシピを監修していただいたのは、玉野市にある日帰り温泉施設「たまの湯」の料理長さんです。

全国大会当日は、食べていただいた審査員のみなさまから「食感が外も中も良い」「冷めてもパリパリ香ばしい」「手軽に作れる」など、高評価をいただきました。

ご家庭で再現するときのポイントなどもまとめましたので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

材料(4人前)

  • 生キクラゲ(大きめのもの)…4枚
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用)…4枚
  • 梅干し…4個
  • ニンジン…1/4個
  • ミョウガ…1個
  • セロリ…1/5本
  • 青ねぎ…4本
  • 大葉…4枚
  • アーモンドスライス…50g
  • (A)片栗粉…30g
  • (A)薄力粉…30g
  • (A)水…60g

レシピの作り方

①うめぼしは種をとって包丁できざんで、つぶしてペースト状にします。

②ネギは5cmぐらいの長さに切って、その他の野菜は千切りに切ります。

③キクラゲは石づきを落として一度ゆで、包丁の先で穴を開け、小麦粉をふります。
※穴をあけるのは、油で揚げるときにキクラゲがはじけるのを防ぐためです。
(参考→はじめての生きくらげ~調理&保存方法ガイド~

乾燥キクラゲの場合で作る場合は、あらかじめ水で戻してから使用してください。
(参考→乾燥きくらげの戻し時間は?時間を逆算して乾物を食卓に取り入れよう!

④豚肉を広げて、うめぼしを塗り広げて大葉をのせます。

⑤キクラゲの上に野菜をのせて巻き、さらに豚肉でグルリと巻きます。

⑥薄力粉を茶こしで薄くふって(A)をあわせた衣につけ、手で粗くクラッシュしたアーモンドスライスをまぶします。

⑦170℃の油で表面が小麦色になるまで揚げて完成!

調理のポイント

キクラゲのサイズが小さいと肉や野菜がうまくまけないので、作るときにはしっかりと厚みがある大きめのキクラゲを使ってみてください。

より簡単に作りたいときには、表面のアーモンドをなくして、衣は市販されている天ぷら粉を使ってもOK。
また、野菜の種類を減らすと巻きやすくなり、季節の野菜などにアレンジしてもおいしく仕上がります

ベースは梅シソ味なので、後口さっぱり。
物足りないときにはお好みで塩をつけてめしあがれ♪

レシピのダウンロードはこちらから

印刷して使えるPDF版のレシピもご用意しました。サイズはB5サイズです。

第31回きのこ料理コンクール関連記事

第1回(12月12日)
【岡山初】第31回きのこ料理コンクールに岡山県代表として出場します!

第2回(3月14日)
第31回きのこ料理コンクールでキクラゲ料理が最優秀賞を受賞しました!

第3回(3月31日)
きのこ料理コンクール最優秀賞受賞レシピ「歯応えコリコリきくらげの包み揚げ~アーモンド風味~」

第4回(4月4日)
【きのこ料理コンクール】山陽新聞・RSKイブニングニュースでご紹介いただきました

岡山県内スーパーで好評販売中♪浅野産業・きのこ家の生キクラゲ

全国大会でも活躍した弊社のキクラゲは、岡山県内のスーパー各店で取り扱いいただいています。
肉厚でプリプリの食感をぜひご家庭でお試しください!キクラゲ取り扱い店舗一覧→岡山県内の生キクラゲ取り扱い店舗一覧はこちら

今まで紹介してきたキクラゲを使ったレシピはこちらから

キクラゲを使ったあんなレシピやこんなレシピ……調理のアイディアを紹介しています。 きくらげでつくる日々のレシピ→きくらげでつくる日々のレシピ