blog

2017年07月19日

キクラゲはスイーツの時代へ♥台湾スイーツ「豆花」風プリンのレシピ

皆さんこんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。
今回紹介するのは、キクラゲを使った「スイーツ」のレシピ

ぷりぷりした食感のキクラゲを、暑い季節にピッタリなひんやり冷たいデザートにトッピングしてみました。

「いやいや、キクラゲがデザートはないだろう」
「いくらキクラゲを生産しているからって無理しすぎ」とか、
色々思うところがたくさんあると思います。
が、しかし、これには深い理由があるのです……。

今回このような挑戦をした理由は、時をさかのぼること一カ月前のこと。
倉敷市にあるくらしき茶寮さんへおうかがいしたときに、デザートにごく自然にキクラゲが入っていたのです。

ビックリして料理長にお尋ねしたところ、
「中華料理ではキクラゲはスイーツに使うんだよ」とのこと。
その言葉を信じて後日色々と調べてみたのですが、本当に使っていました。

今回作ってみた台湾スイーツの「豆花(トウファ)」も、キクラゲを使ったデザートの一つです。
本格的に作るのは材料をそろえるのが大変なので、今回紹介するレシピでは豆乳とゼラチンを使って、簡単に再現しています。

レシピの作り方

前置きが長くなりましたが、ざっくりと作り方を紹介します。

まず豆乳を鍋に入れて火にかけ、砂糖とゼラチンを加えて溶かし、バットに入れて冷やし固めます。
ベースの豆乳部分はこれだけでOK。

トッピングはピーナッツとキクラゲ。

千切りの乾燥キクラゲでもOK

ピーナッツは水と砂糖と一緒に加熱。
キクラゲは千切りにして、水と砂糖で茹でます。

生キクラゲの場合は生のまま千切りにして加熱、乾燥の場合はあらかじめ水で戻しておいたものを加熱します。

もともと千切りになっているタイプの乾燥キクラゲだと、切る手間がかからなくて便利ですよ。

後は冷やしておいた豆乳の上に、ピーナッツとキクラゲをのせて、ハチミツを水で薄めたシロップをかけて完成!

トッピングして完成!

気になる味は……といいますと、プリン部分は100%豆乳ですから、豆乳が苦手な人にはちょっと食べにくいかも、という印象です。

それから肝心のキクラゲですが、キクラゲ自体は無味無臭ですから、あくまで食感要員という感じですね。
どん子は意外とすんなり受け入れられました。

以前キクラゲ入りスムージーのレシピも紹介しましたが、個人的には食感や食物繊維をプラスするためにキクラゲをスイーツに入れるのは全然ありだと思います。

写真では少し太めにカットしているのですが、より食べやすくするに千切りを細かくしたり、みじん切りに変えてみたりするのもおすすめです。

お手元にキクラゲがあるという方は、今夜の夏のデザートとして、ぜひ挑戦してみてくださいね。

■本日紹介したレシピの分量&詳しい作り方はこちら>>豆花風プリン(Gaspoレシピページ)

岡山県内のスーパーで浅野産業の生キクラゲが購入できます

山陽マルナカさん、おかやまコープさん、ニシナさん各店で、浅野産業の国産キクラゲ販売がはじまりました。とれたての生キクラゲはぜひスーパーで!
取り扱い店舗一覧はこちらから>>

料理には浅野産業の国産きくらげを使用しています

きのこ家の国産キクラゲ購入はこちらからきのこ家の国産生キクラゲ、購入はこちらから>>