blog

2017年04月25日

山陽新聞地方経済面で紹介していただきました(2017年4月23日発行号)

皆さんこんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。
4月23日発行の山陽新聞さん朝刊で、スーパーで開催されている生キクラゲの試食販売の様子が紹介されました。

新聞記事の中から、一部引用しますと…。

栽培担当の従業員が売り場に立ち、天ぷらやみそ汁など生キクラゲの調理法を紹介。中華料理のイメージが強い食材だが、消費者からは「和食に使えるとは意外」「手軽に調理できることがわかった」といった反応があり、売り上げが通常の4倍以上に伸びているという。

といった、うれしい反応をいただいています。

シイタケやエリンギ、ブナシメジなど、きのこには色々種類があります。
キクラゲもそんな他のキノコと同じように、いろんな料理に使えるキノコ。

和食、中華、洋食と、いろんな料理にチョイ足しして、普段の食事に不足しがちな食物繊維をしっかり補ってくださいね。

試食販売の様子は「リアルきのこらむ」vol.1でくわしく紹介しています。

新連載のリアルきのこらむでは、実際の試食販売の様子や、キクラゲを食べてみたお客さんの声などをご紹介しています。
ラジオ取材を受けたときの音声も、そのままマルッと掲載。
ラジオきのこらむ以来、久々に所長の声も聞けますよ。
くわしくはこちらから。