blog

2017年03月14日

【料理人監修きくらげレシピ】自宅の材料でさっと作れる♪「きくらげのかき揚げ」|福山甲羅本店・料理長に教わるレシピ第3回

皆さんこんにちは、きのこ家スタッフのどん子です。
今回も国産きくらげを使った自宅でできる簡単レシピを、プロの料理人におうかがいしました。レシピ監修は、かに料理でおなじみの福山甲羅本店・料理長さんです。

今回教えてもらったレシピは、「きくらげのかき揚げ」。揚げ物といえば難しいという印象を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、調理工程は食材と天ぷら粉をグルグル混ぜて揚げるだけ。

天ぷらにするとどうしても1つ1つの食材の形や大きさが気になりますが、かき揚げにしてしまえば、余った食材とキクラゲで気軽に作れますよ♪

レシピの作り方

今回のかき揚げに使用しているのは、生キクラゲに玉ねぎ、海老(小さいものでOK)、かにかまぼこ、三つ葉の5種類。

かにかまぼこやエビが入ることで、かき揚げに赤色が入り、見た目がグッとキレイになります。

全ての材料をそろえる必要はないので、生キクラゲ、玉ねぎ、かにかまぼこ等の比較的そろいやすい食材だけでも大丈夫です。

食材を同じぐらいのサイズ感で切って、天ぷら粉と混ぜ合わせたら後は油で揚げるだけ。

揚げ時間は少なめに!

このとき、キクラゲは揚げすぎると食感がかたくなってしまうので、揚げすぎないように気を付けて下さい。

ぜひ揚げたて熱々のうちに、塩、天つゆ、しょうが醤油など、お好みの味付けで食べてみて下さい!

サクサクとした軽い食感の中にキクラゲのコリコリした食感が加わって、食べ応えのある一品に仕上がります。

センサー付きコンロを使用している場合は、揚げ物温度調節機能を使って180℃に設定すれば、失敗なく揚げられてオススメです。

■本日紹介したレシピのくわしい作り方はこちら>>きくらげのかき揚げ(Gaspoレシピページ)

福山甲羅本店・料理長に教わるレシピ(全4回)

(第1回)きくらげ入りかに玉
(第2回)きくらげ蟹スープ
(第3回)きくらげのかき揚げ
(第4回)きくらげとアボカドと蟹のサラダ

福山甲羅本店・料理長インタビュー

ラジオきのこらむ第13回>>
かに料理専門店「福山甲羅本店」の料理長・小寺敏弘さんが語る、生キクラゲの魅力とは…?!

料理にはきのこ家の国産きくらげを使用しています

きのこ家の国産キクラゲ購入はこちらから きのこ家の国産生キクラゲ、購入はこちらから>>